修正状況が今一不明な Android Studio 3.0 Canary 9

はじめに

release noteみているのですが、だんだん修正内容で書かれている内容が減ってるので

もうすぐRC出るんだろうなと思いつつ、

正式版といえどもAS2.3.3のクオリティみれば察しなのかな・・・

自分は現在のところ

  • 補完index作成処理で高確率でASが固まるのでAS2.3.3は使ってません。
  • AS3.0は補完index作成処理でエラーにはなるけど固まらない

ので・・

動作環境

  • macOS Sierra
  • 16G
  • HDDタイプのiMac
  • AS 3.0-Canary9
  • gradle plugin 2.1.3
  • gradle runtime-4.1-rc2-bin

試食状況

最近すごく面倒に感じてるのがこれ。

  • AS2.3
    • instantRun <=> 通常apk install時に自動uninstallしてくれる
  • AS3.0
    • 自動切り替えしてくれない

これ一時的なデグレなのかな? これが仕様だと面倒に感じる人増えそうなんだけど・・

裏でindex作成ぐるぐる常に回ってる割には、補完indexが正常に作成されない挙動。

変更差分の認識がうまく行ってないようにみえるんだけどな・・

vote14のショートカットキーを登録しておかないと面倒になってる

Keymap -> Plugins -> Android Support -> Sync Project

これ変な所でクラッシュします。

  • setContentView
  • BindingUtil.setContentView

とかで・・。ココらへんでクラッシュされるとActivityが立ち上がらないので回避不可

これ terminal側にはログでてるんだけど、

build opationが違うからdeamonを新規立ち上げ直します

みたいなログがでてて、buildの中間リソースがかち合ってしまうみたいな感じ。

AS2.3のときは大丈夫だったので、InstantRun時のIDE側の処理がファイル排他で操作とか厳密になっているのかも

TLメモ

今回もrelease noteに書かれていない修正がそれなりにありそう・・・

IDE<=>deamon が一対一 のはずなんだけど、よく複数 deamon立ち上がっちゃってみたいなケースかなーと

自分はjkill.sh とか作って、GradleSync等が失敗するたびに殺してるけど・・