Android Studio 3.0 Canary8 微妙メモ

はじめに

canary8ですが、凄く強キャッシュではまったので

一応備忘としてハマったことをメモしておく

動作環境

  • macOS Sierra
  • 16G
  • HDDタイプのiMac
  • AS 3.0-Canary8
  • gradle plugin 2.3.3
  • gradle runtime-4.1-rc1-bin.zip

アップデートでハマった備忘

//誤動作キャッシュとして認識していて一旦消した
$HOME/.android/build-cache //◎
$HOME/Library/Application Support/AndroidStudio3.0 Preview //◎

//認識外だったキャッシュ
$HOME/Library/Caches/AndroidStudio3.0 Preview //★

確かにあたらめて調べてみたら、下記のページに有りましたわ・・・

まあ完全アンインストールするときって AppCleaner辺り使ってるからなー

#$HOME/Library/Preferences/ の検索

ls -la ~/Library/Preferences/ | grep -i android

#$HOME/Library/Caches/ の検索

ls -la ~/Library/Caches/ | grep -i android

#$HOME/Library/Application Support/ の検索

ls -la ~/Library/Application\ Support/ | grep -i android

#$HOME/Library/Logs/ の検索

ls -la ~/Library/Logs/ | grep -i android

またいつもの如く、アップデータ失敗したと思って

  • update後、IDEの表示がIDEA CEの標準ぽい画面に
    • =>プロジェクトを開くと、ASのプロジェクト構成を認識しない
  • ASのdmgをまるっと落として上書きして確認
    • =>変化なし

で、plugin画面で、何時もついてるはずのAndroid系のPluginに全てチェックを付けた後、

  • ◎のフォルダをリネム
  • IDEをInvalidate Restart 再起動したり
  • OS自体を再起動したり

したら、何時ものAS画面に戻りました・・・。

Welcome画面の見た目の表示変更って、 android suppot plugin で行ってるのね・・・

動かしている体感

結構辛い。補完が全然効かない・・。

これjpsで見てたら、gradle deamonがすごい勢いで量産されていて

がうまく行ってないんだろうなーという感じ。

deamon1個で jvmのメモリ設定がボコボコ確保されるので、そりゃーメモリなくなるわな・・・

ついでにJAVA_8でビルドしてると結構ビルド失敗するようなんだけど大丈夫なん?*1

TLメモ

これ自分も多発していてすごく嫌。補完index作成あたりでコケてるみたい

暫定解決的には

  • jpsでdeamon複数立ち上がっているか確認
  • jkill.sh あたりで余計なjavaプロセス殺す
    • gradlew –stop だとこの頃止まらない
  • gradlew clean cleanBuildCache //★
  • 再実行

この頃 InstantRunを使っていなくても、build-cacheを使う挙動をすることが有り*2

ココを消さないとハマること多々。訳わからん><

これは後で調べる

*1:勿論この場合のbuildテストは、InstantApp用のAS3.0用プロジェクトでテストしてる

*2:実装バグ?