Android Studio 2.3.3 関連メモ

はじめに

更新が結構頻繁なASですが、気づいた点等を備忘としてメモしておこうかと

注意

現在、index作成処理でIDEが頻繁に固まるのでコチラを利用していません。

  • AS3.0rc4 + gradle plugin 2.3.+
    • ただIDEの最低設定が1G=>2G に上がるので注意!!

で動かしています。詳細は下記を参照してください

exception-think.hatenablog.com


動作環境

  • macOS Sierra
  • 16G
  • HDDタイプのiMac
  • AS 2.3.3
  • gradle plugin 2.3.3

更新内容

build-tools 26.0.0 & Android O対応らしい。

証明書同梱すれば、通信が見れるという話だったんだけど

  • 実機だと凄く不安定
    • 多分GooglePlayServie等が 実機(OS7)だと証明書が入っていない(正式)版なので、そこの通信を参照しようとした段階でコケるみたい。
    • 自分のアプリだけ見ると言うかたちにするとしばらくすると見えなくなる
    • GooglePlay開発者サービス再起動すると復帰する*1
  • 公式エミュ、genymotionあたりだと問題ない

挙動メモ

AS2.3.3本体

地雷3 index再作成 のバグがAS3.0-rc2から逆移植されたような挙動・・。

正直これを正式版として出されても困る・・。正式版だったら普通躊躇なくアプデするよね?

  • 処理時間2−3倍
  • よくIDE固まる
  • 2個プロジェクト開くとIndexエラーになりIDEが死ぬ
    • プロジェクト直下の.idea配下に作る認識でバッティングしない認識でしたが・・
    • $HOME/.build-cache をInstantRun使って無くても見ているみたいな話もじつはあったりして・・
    • でも .gradle/build-cache の方かもしれない*2

のは正直勘弁して欲しい・・

ただ、高速SSD環境では、index作成で時間がかかる&固まる ことがないみたいですね。

ただお仕事場のは変更できないですからねー。下記な感じで仕事してますorz

対策案としては駄目なケース

原因っぽい挙動

今後は、

  • gradlew –stop してもASのビルド中止がしにくい
  • =>というよりplugin内で直gradle関数読んでるから止められない?

という認識になるのかな? 安定しているならその挙動でもいいんだけどさ・・

よくわかんないバグ

これはコマンドラインでもハマったバグ

そういえば他の人も、

gradlew clean cleanBuildCache

しないとある日突然ビルドが通らなくなる見たいなつぶやきしている人が居たから

環境依存ではない気がする・・・

ASのイマイチな所

これ

  • まっさらな環境に新規AS入れる
  • 環境引き継がないでAS2.3.3導入

な感じにGradle Syncボタンが消えるので何気に重要でしたw*3

これ、

  • メインリソース(日本語のみ)
  • =>
  • メインリソース(英語) + -ja追加 に変更

表示バグった。色々とキャッシュ消したりAS再起動したりしたんですけどね・・

現在は結局実機実行して確認しています。layout previewはよく壊れるな・・・

AS3.0でも同じみたいですけどね・・(G様クオリティ〜)

Gradle runtime 4.0

挙動を見ている限り、結構リークしている挙動。

  • タスクが正常に戻ってこない時
  • マルチDownloadをしようとして、Wifi等の通信環境がよろしくない

うーん。エラッタのときのリカバリー処理がガッツし抜けているような感じだよな・・。

あとビルド時に不明なエラーが出るので、後方互換製が切られた感じなのかもしれない

Google Play Services 11.0.0 周り


TLメモ

tools.zipの配布状況

とうとう日本語サイト側の方も廃止したみたい。ただこれやると

create projectすらできなくなるのでAS前提になってしまうのかなーとか思いつつ*4

google play store の2.1以下切り捨ての話

*1:これがProxy or 通信許可判断とかしているのかな?

*2:gradlew –stopでこのキャッシュ消えるはずなんだけど・・

*3:他の人の環境構築サポートしていて気づいた

*4:VSとか使っているなら同梱SDKから引っこ抜くのがいいのかな?